暑気払い

夏本番の最中には極暑を吹き飛ばそうと暑気払いの飲み会が開かれる。
068.gif船橋時活村の暑気払い  7月21日
時活村恒例の行事で参加を欠かしたことはない。
今年は村ができてから20周年という節目でもあり参加者は163人と今までで最多で、村民のほぼ半数が参加したことになる。
周年行事ということで船橋市長の松戸市長が参列されお祝いの言葉もあり、最近病気で元気のなかった村長もこの日は調子が良いと大張り切りだった。
恒例の行事は今年新たに入村した新人を迎える会でもあるが、24人の新入会員のうち10人が出席していた。
b0057924_224972.jpg


周年行事ということで会場のフローラ西船の演舞場には船橋出身の女性民謡歌手が三味線太鼓をバックに
民謡を披露するお愉しみもあった。
b0057924_2243260.jpg


とはいっても、なんといってもこの会の一番のお愉しみは全員が一列になって先の人の肩に手を置いて会場を練り歩く青春列車で、今年もみんなで歌を歌いながらワイワイとやってお開きとなった。

068.gif10チャンの会の暑気払い  7月31日
ゴルフや飲み会を楽しんでいる会社同期の仲間の会で、半蔵門の会館で暑気払いの飲み会をやった。
この日は9人が集まった。久しぶりに習志野から小林さんが顔をのぞかせた。

次のゴルフの日程や北海道ゴルフツアーのことなどワイワイとにぎやかに、ウナギのかば焼きや一口ステーキなどスタミナのつくものをモリモリ食べて古稀を超えた仲間と楽しく過ごせた。

半蔵門へ行く前には東京駅中をぶらぶらしてみた。夏休み中とあって大勢の家族ずれで駅中はどこもいっぱいで活気にあふれていた。
by masayosi-oouchi | 2014-08-01 22:04 | 古稀越えの日々 | Comments(0)

遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ 遊ぶ子供の声聞けば わが身さえこそ揺るがるれ(梁塵秘抄) since2004 


by まさ