八月の一活

船橋時活村の一人一活行事は八月ともなると、孫たちが我が家に来たりまた暑さを懸念したりして行事参加は数少なくなる。
当初は船橋卸売市場での料理教室「旬食べ」と奥多摩への「百歩・千歩・万歩」を申し込んでおいたが、万歩は天候が悪くて中止になったので
068.gif旬食べのみ参加となった。これぞ一活である。
今月の料理のメニューは
b0057924_15525039.jpg

野菜カレーの作り方が普通のカレーとはちがってスパイスを数種類使ったりしてユニークだった。
カレーのルーはほんのちょっとしか使わないのでとろとろ感はなかったが、さっぱりしていて夏のカレーらしくてよかった。
カレーをかけるごはんが麦めしなのもユニーク。
b0057924_15571671.jpg

b0057924_1615529.jpg

063.gif冬瓜と干しエビの炊き合わせ
が今日のメニューの中では出色だった。
冬瓜は味がないが干しエビを入れるとエビの香りもして実にうまいスープができる。
b0057924_165369.jpg

009.gifレシピから料理の手順まで
すべては調理師の免許も持つこの方の指示で動く。
卵焼き、ごはん炊き、イカの焼き物くらいは各グループでどんどんやれるがメインメニューはこの方が主要部分はやってしまい、我々はそのお手並みを拝見してただただ感心しているのである。
この方博識でもある。
冬瓜はたいていの瓜は冬までもたないが、皮は厚くて大きな実になる冬瓜は冷暗所に保存しておけば冬まで保存できるのでこの名がついたとか。

b0057924_16105346.jpg
b0057924_16121476.jpg
b0057924_1611327.jpg

何も手を出さないで最後の出来上がったものを黙々と食べるだけというのもあるが、たいていどんな人も皿を洗ったり、盛り付けをやったり、比較的簡単な玉子焼きをやったりするくらいはやって楽しんでいる。
by masayosi-oouchi | 2014-08-30 15:56 | 船橋時活村 | Comments(0)

遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ 遊ぶ子供の声聞けば わが身さえこそ揺るがるれ(梁塵秘抄) since2004 


by masayosi-oouchi