秋冬野菜の菜園農作業(その2)

058.gif秋蝉
このところ気温が高くて28,9度となることもある。
そのせいか、まだ蝉の鳴き声が聞こえる。9月月末前となる今日9月29日には幕張のイオンモールから帰る途中習志野あたりでつくつぼーしがなくのを聞いた。
秋蝉の鳴き声を聞いた日を手帳に記録している。9月19日、21,22日、23,24日と多い。
7年間も地中で待っていたのだからさぞやうれしいことだろう。
秋蝉や ゆく夏惜しみ 蕎麦を食う
056.gifホウレンソウの芽が出ない
蒔いてから2週間近くたつのに芽が出ない。
種が昨年買ったものが残っていたので、残りを全部蒔いた。一部にまだらに芽が出ているので、種が古いので発芽しないわけではない。
隣の仲間が教えてくれた。
種を深く植えたのが原因ではないか。土を今より上に盛って、種をまいて軽く抑えて、その上に土を軽く浅くかける植え方を教えてもらって修正した。
b0057924_21564352.jpg

マルチに蒔いた大根の芽も出てきた。
イタリアが生産地の西洋野菜ルッコラ コルチバータの芽も出てきた。ところが同じイタリア種のレタスがまだ発芽しない。064.gif
058.gif覆いを
昼間は気温が高めだがさすがに秋分を過ぎると朝夕は気温が下がるようになったので、キャベツや白菜の葉物の苗を植えた畝にはビニールの覆いを施した。
b0057924_2234561.jpg

b0057924_2243353.jpg

064.gif青物
このところスーパーでは青物の野菜が異常気象の影響もあって値段が高いそうだ。
確かに今は端境期でわが菜園でも収穫して直ちに野菜料理に使えるものは少ない。

そこでまだ夏野菜のモロヘイヤは始末しないでおいてあって、葉っぱを湯がいたりジュースにしたりして重宝している。
同じ夏野菜でツルムラサキがある。わが菜園でも夏にたくさん葉を収穫したが、先日始末した。
ところが隣の仲間村川さんはまだのこしていて、この頃は葉ではなくて紫色に熟した実を収穫してリキュール漬けにして飲んでるということを教わった。
自分も試してみようと実をもらった。梅酒のように氷砂糖と焼酎でつけてみようと思う。
b0057924_22172579.jpg
b0057924_22174270.jpg

056.gif残り作業
b0057924_22195499.jpg

赤玉ねぎの種を苗とこにまいたのが発芽してきた。
b0057924_2220745.jpg

絹さやえんどうの芽もでてきた。
b0057924_22215214.jpg

春の茗荷はダメだったが、秋になって茗荷が大きくなってきた。
by masayosi-oouchi | 2014-09-29 22:04 | 野菜園芸 | Comments(0)

遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ 遊ぶ子供の声聞けば わが身さえこそ揺るがるれ(梁塵秘抄) since2004 


by masayosi-oouchi