隣のカフェ&レストラン

住まいのマンションの隣にレストランが3月にオープンした。
U`s Table  ユーズテーブルという名のレストランで、客席は10人程度の小さな店だ。
メニュ表を見るとオードブル、パスタ・リゾット、スープ、サラダ、魚料理、肉料理とある。
ランチと予約のみのディナーがあり、コース料理は3,000円から内容相談で決められる。

この店はオープンするまで経緯があって、27年前に私たちがマンションに入居したころは大きな柿の木のある古い民家で、植草さんという老夫妻が住んでいた。
どこでもよくあることだが、その老夫妻が何年か前に亡くなってしばらくは空き家になっていた。
そして3,4年前に洋風の瀟洒な家に建て替えられた。
聞くところによれば、老夫妻の息子夫婦がいずれ住む予定で建てたとのことだが、時々庭の手入れなどで帰ってくる程度でほとんど見かけることはなかった。
息子夫婦は千葉の何処やらでレストランを経営していると聞いたことがある。

それでも前を通るたびに前庭の趣味の良いガーデニングや瀟洒な建物は目を引いた存在感があった。
そして、この辺りに船橋市がちゃんとした上下水道工事をしたらその息子夫婦が引退後にこの家でこじんまりしたキャフェかレストランを開くようだという噂が聞こえてきた。

そして陽気の良くなった今年の3月になってレストランのオープンの看板が架かった。
それからというもの我が家のお母さんは何度も店に足を運んでは料理のことだけでなく、店内の装飾や置物
庭のガーデニングなどの情報をよく話題にした。
自分だけでなく友達知人を誘ってよく足を運んでいる。

私もまだランチだけだが、3回ほど付き合わされている。
直近では4月12日の日曜日には、今年の本来なら4月9日の結婚記念日のお祝いにとランチを一緒した。
その時注文したのは魚介のリゾットで、これがなかなか美味だった。
いつかディナーのコース料理を食してみたいものだ。
こんな近くに食事を楽しむところができてうれしいといちばんよろこんでいるのが、毎日御三度で大変な思いをしている我が家のお母さん。
b0057924_2227320.jpg

by masayosi-oouchi | 2015-04-13 22:27 | 老々二人始末記 | Comments(0)

遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ 遊ぶ子供の声聞けば わが身さえこそ揺るがるれ(梁塵秘抄) since2004 


by masayosi-oouchi