2017年新年 事始め(その5)

船橋時活村のウオーキング行事「ふなばし一・二・三歩」
集まった60数名の仲間と船橋市の隣町市川市の名所旧跡を歩いた。歩いた距離はやく8km。
市川は戦災がそれほどでもなかったようでお寺や旧跡が多く残っている。文化都市で大学や医療機関も多い。みどりも豊富で、昔の避暑地の名残を残す松の木が住宅街のあちこちに見ることができる。
今回は市川駅ー須和田遺跡ー手児奈霊堂ー弘法寺ーじゅん采池緑地ー里見公園ー市川関所跡ー
I-linkタウン展望台のルートを歩いた。
手児奈霊堂は永井荷風がよくこの辺りを散歩したというので、以前一度か二度お参りしたことがある。
b0057924_15412313.jpg
弘法寺は霊堂のすぐ近くで、長い石段を上がったところ。大きなしだれ桜の花が見たいものだ。
b0057924_15440989.jpg
b0057924_15442380.jpg
里見公園では公園内の一角でカメラの放列が。
なんでもスカイツリーの横に見える富士山にもうすぐダイヤモンド富士が見えるところだそうで、夕日の時刻までまだ数時間あるのに大勢のカメラマンが集まっていた。
b0057924_15500630.jpg
公園を抜けて江戸川に出る。その川沿いを下流に強い風をよけながら歩いた。
b0057924_15514907.jpg
京成線の陸橋近くに昔の関所があったところ
b0057924_15523959.jpg
JR市川駅に帰って駅前の高層住宅ビルの最上階からは360度の眺めが
b0057924_15555541.jpg
b0057924_15550703.jpg
b0057924_15551972.jpg
b0057924_15553888.jpg
b0057924_15561805.jpg
b0057924_15563706.jpg
ツインの高層マンションだが最上階は市川市が展望台として開放している。ここには初めて入ったので素晴らしい眺めに感嘆した。
そして打上げ会は駅前の居酒屋で30数名が参加してにぎやかだった。


by masayosi-oouchi | 2017-02-09 15:57 | 船橋時活村 | Comments(0)

遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ 遊ぶ子供の声聞けば わが身さえこそ揺るがるれ(梁塵秘抄) since2004 


by まさ