やはり気になる健康 2017年2月

この頃の天候は寒暖差がきつい。
20度を超える日もあれば、翌日には雪が舞って冷え込む日もある。
朝の内は無風で暖かい時もあれば、午後から急に大風が吹き気温が下がって冷え込むときもある。寒暖差が年寄りにはこたえるようになってきた。
074.gif眼科の受診   2月6日  支払い受診料 3,030円
この頃メガネがあわなくなったのか視力が落ちたようなので、半年ぶりに薬園台眼科を受診した。
眼科医院の前を散歩で通り過ぎたときにいつも混んでいる院内が空いていた。
市の健康診断で受けた人間ドックで視力低下が指摘され、糖尿病の気もあると診断されていたのでそのことを受診理由に定例の診断をしてもらったが、先生の診断結果は問題なしということだった。
以前から出ている飛蚊症がこの頃出なくなったと思ったが、診断ではその症状は残っていて意識しなくなった結果だと言われた。
メガネやにも寄ってレンズ更新の必要性を聴いたが、まだ1年前に作り替えたばかりでそれほどの必要性もアドバイスされなかったので、しばらく今のメガネで使っていくことにした。でも、目がしょぼしょぼして見えつらい日々が続いている。
038.gif肺球菌ワクチンの接種 2月14日 2000円
5年前に受けたワクチンの期限が3月に切れるので、行きつけのさかいクリニックで接種してもらった。
費用については前回は自主接種だったので高かったが、今回は船橋市の補助が制度として3年前に出来て2,000円の自己負担で済んだ。
船橋市は人口流入も増えて財政が大変だろうが健康には気を使って色々と補助が使えるようになってきた。
053.gif糖尿病と血小板の異常値の検査  2月7日  2,800円+8,000円
さかいクリニックで血液検査をしてもらった。昨年12月に受診した人間ドックで血糖値と血小板数値に問題があると指摘されて再検査が必要だった。
血糖値はヘモグロビンA1Cが5.6 空腹時が102 
人間ドックでは 5.8と94
さかい先生の判断はしばらく様子見で糖尿病の診断は下されなかった。
血小板は今回数値が7.1と出た。13-34.9が基準値であるから異常に低い
今までの検診でも何度かこの異常値が出ていたが特に日常に違和感があることもなく、また医師も深刻な再検査を薦めることもなかったので放置していた。
しかし、肝硬変が進行するとこの数値に以上低下の兆候が出るという情報があるので進んで検査を受けることにした。
さかい先生に紹介してもらった習志野済生会病院の血液内科を受診することにした。
紹介状を出して受診手続きをし血液内科で診察室に入る前に血液検査を受けた。結果が小一時間かかるので、最上階の食堂休憩所で昼食をとった。病院の食堂は安くておいしいメニューだった。
診察時間になって血液検査の結果や過去の血小板数値などを見ながら先生の診断を聴いた。心配していた血小板数値が原因の肝臓の障害については特におっしゃられなかった。さらにピロリ菌検査やエコー検査をするので、まあ急がないから一か月後の来てくれということになった。どうしてピロリ菌の陽性陰性が関係するのか?説明もなかったが、まあ今度と思って退席した。
支払い窓口で8,000円近く払わされたのにはがっくりきた。
070.gif習志野済生会病院
大病院を受診するのは大変だ。
行きは電車で行き、京成大久保駅で降りて商店街を歩いて抜けると東邦大学、その横手に済生会病院がある。
病院からの帰りはiPadのナビに従って家まで歩いて帰った。病院を出てからしばらくルートがなかなか複雑でまよったが、4,50分かかった。

b0057924_16290781.jpg
今月は病院にかかる費用が16,000円もかかってしまった。
しかし、この時期にしっかりと体の手入れをしておこうと思った。
済生会から家に帰って古い検診結果表を取り出して、記録できる限りの血小板数値を書き留め、次回受診時に先生に見せようと思う。


by masayosi-oouchi | 2017-02-21 16:34 | 健康 | Comments(0)

遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ 遊ぶ子供の声聞けば わが身さえこそ揺るがるれ(梁塵秘抄) since2004 


by masayosi-oouchi