やはり気になる健康

やはり五月の天候はすばらしい。
気温は夏日になることもあるが総じて気持ちの良い晴天が続き、目には青葉の木々が気持ちをウキウキさせてくれる。
最近良く体を動かすことが多くて、当日は足など体が痛くなることもあるが一晩寝るとすっかり治って元に戻っていることを実感することが多い。
睡眠も十分にとれて、朝目が覚めると床の上などでストレッチをしたりマッサージをしたりして目覚めも気持ち良い。
b0057924_22322801.jpg
b0057924_22333788.jpg
b0057924_22343627.jpg
それでもやはり・・・。

113.png老妻の目の検査
階段を下りる時に足元が良く見えないときがあると言って、井上眼科にかよって視野検査をしてもらった。結果が出て特に問題はないが、3か月おきに検査を薦められた。
白内障の手術経緯は問題ないが、視野が狭くなるのは加齢黄斑や緑内障の疑いがあるので引き続き検査を受けるに越したことはない。
自分も、加齢黄斑のチェックができる簡単な紙のアムスラーグリッドっというので
を眼科で入手したので、壁に貼って毎日チェックしている。
また、最近目がしょぼしょぼして見えづらいことが多い。眼下懸垂という上の瞼が垂れ下がって目を覆い見えづらくなってるのではないか?
この状態は手術する以外ないようだ。瞼を上げると見え方が違うように感じるが・・。
b0057924_14582965.jpg

120.png頻尿
やはり夜中にトイレに目が覚めることⅠ,2回続いている。
漢方のノコギリヤシをもう長い間飲み続けているが一向に止まらない。
日中は外出して気が引き締まってるときは少ないのに家でうっくりしているときなどには、あれっ!さっき済ませたのにとトイレに行くことがある。
また、水を流したりじゃーという音に反応して尿意を催すこともあるので、多分に神経性の頻尿と言える。
106.png血圧測定
健康ドックで問題となっている血圧のことと糖尿のことでかかりつけのさかいクリニックに相談した。糖尿は血糖グルコースが93、HbA1cは5.6で問題ないと。
ついでに血液検査で肝機能検査もしてもらったがγGTPは88で昨年暮れの73とそれほど変わっていない。酒の量を相当減らしたつもりだがトホホである。
血圧は一か月の平均が上が145、下が93だった。先生は薬を飲むかと言ってきたが、なるべく飲みたくないというとそれでは引き続き血圧測定を続けて経過を観ましょうということになった。どうも年相応の血圧数値だが限界数値らしい。
この頃毎日朝起きたら血圧測定が習慣になった。
143.png知り合い夫婦の健康
やはりこの年になると同じ年恰好の知り合いにも病が出てくるようでそれを知るとショックを受ける。
特にショックだったのは若いころは健康夫婦そのもののようだったK夫妻の病の知らせ。
奥さんはウイルスが原因の肺の病気でここ数年入退院を繰り返している。
旦那も退職後心臓の病気をしたりしてたが、つい最近には腰にがんがあるので治療をするということになった。
若いころの体と年取っての体には特に関連性はないようだ。今まで元気だったからと言って予防などおろそかにしているといけない。

by masayosi-oouchi | 2017-05-21 22:28 | 健康 | Comments(0)

遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ 遊ぶ子供の声聞けば わが身さえこそ揺るがるれ(梁塵秘抄) since2004 


by masayosi-oouchi