乗った 歩いた(その2サイクリング)

            第233回 小豆島サイクリング
 今回初めてのイベントとして、小豆島サイクリングを企画・実行した。5月の連休明け5月8日(月)~10日(水)の2泊3日のスケジュールで、混雑もなく、天候も概ね良好であった。今回走ったコースは、登り下りはあるもののこの地の自転車走行への配慮も感じられて、割に走り易かったのではなかろうか!また、小豆島の風土や歴史を知ることが出来、地元の方々との交流もあって、楽しいイベントとなった。
c0061853_204544.png

第1日目(5月8日):晴れ
 土庄港のフェリー船着き場のすぐそばにあるオーキドホテル(初日の宿泊場所)に隣接する「サイクルステーション」に、17名の参加者(男性10名、女性7名)が昼過ぎに集合した。ここから、オーキドホテルの中村さんに石井レンタサイクル店までマイクロバスで送ってもらう。ここの店主の石井さんは、ご自身でもしょっちゅうサイクリング楽しまれ、アウトドア大好きの名物店主らしい。3名の方がマイバイク持参されたので、14台(うち電動6台)を借りた。
 初日のコースは、半島のように突き出ている前島を1周するもの。まず、最初の観光スポットの重岩の麓に至る。有志で、約20分かけて急な斜面を登ると、重岩(かさねいわ)と言われる巨岩が頂上に鎮座していた。快晴の下、高みからの瀬戸内海の眺めも素晴らしいものだった。
c0061853_2082770.jpg

 次なる名所は、樹齢千年を超えるオリーブの大樹があるところである。スペインのアンダルシア地方からはるばる海路を運ばれてきて、2011年の東日本大震災の翌日小豆島に到着した。以後、3月15日がオリーブの日となったとのことである。
 
c0061853_20115791.jpg

 島をぐるりと一周した最後に、エンジェルロードと言われる所がある。潮の干満により、すぐ近くの二つの小島と砂州が繋がったり、切れたりする。ちょうど干潮時の夕方であったので、奥の小島まで砂州を歩いて渡ることができた。
c0061853_20134023.jpgc0061853_2015914.jpg そして、近くの小豆島霊場第58番札所の西光寺を訪れる。小豆島には、四国遍路と同じように88カ所の霊場がある。“迷路の道”と言われる古い民家が立ち並ぶ路地を自転車を押しながら、通り抜けてホテルへ帰った。走行距離、約19 Km。 全員へ立派な個室を用意していただき、初日の疲れを癒すことができたのではなかろうか。










二日目(5月9日): 曇り、時々小雨
 ホテルの朝食に降りてゆくと、石井サイクルの石井さんの姿があり、ちょっとびっくり。少し案内をしてくださるとのこと。この日の天気予報では、午後から60~70%の確率で雨となっており、雨への備えもしてサイクルセンターへ集合した。
c0061853_20174083.png
c0061853_20183526.jpg

 土庄港やホテルのある所は、実は前島側にあり、本島とは“超”狭い海峡で隔てられている。最も狭い所は10m位であるが、れっきとした海峡(土渕海峡)であり、世界一狭い海峡としてギネスブックに認定されている。
c0061853_20193697.jpg

 約3Km程走り、第54番札所の宝生院に着く。ここには、国の特別記念物になっている真柏(シンパク)という巨木がある(樹齢1600年以上と推定)。確かに、根本など巨大であり、見上げると圧倒される。
c0061853_20213580.jpg

この後、石井さんからご自分が飼っているミツバチの蜜を舐めに行こうと提案があり、回り道をして見に行った。石井さんとはこの先で別れる。
c0061853_20224253.jpg

 約12km程走り、本日のハイライトの二十四の瞳映画村への渡し場のオリーブナビに着く。渡し舟(1艘のみ)には6人と自転車6台しか乗れないので、3往復必要になる。風邪が強いと運行出来ない等心配もあったが、無事時間通り運航してもらえた。他に観光客もほとんどいないことも幸いした。マイバイクのパワフルなお二人だけは、湾をぐるっと回り自転車で映画村へ到着された。
c0061853_20243552.jpgc0061853_2025433.jpg 二十四の瞳映画村は、不朽の名作映画と言われる「二十四の瞳」のロケ用オープンセットを改築して作られたテーマパークで、分教場や民家、お店などの映画撮影に使われた昭和初期の建物の他に、原作者の坪井栄の文学館が併設されている。園内では食事もでき、「学校給食」のメニューを選んで食べてみた。
映画村から700mの所に「岬の分教場跡」がある。これは苗羽(のうま)小学校田浦分校と呼ばれ昭和46年まで使われ、「二十四の瞳」の舞台となった分校舎である。
c0061853_20274240.jpg

c0061853_20283422.jpg

 約7Km走り、二日目の宿泊地ベイリゾートホテルに向かう。雨を心配していたが、パラつく程度で、何とか無事に走行できた。
 
c0061853_20313784.jpg

 ホテルに荷物を置いた後、すぐそばの“醤(ひしお)の里”まで歩く。醤油作りは江戸時代から続く小豆島の伝統産業で、今でも現役で醤油作りが盛んに行われている。田中さんにご紹介いただいた醤油の佃煮メーカー「京宝亭」の社長の川原さんが、醤油作りの施設を案内してくださった。工場の建物の壁や屋根が一様に黒ずんでいるが、発酵したガスや粉末が長年にわたって沈着してできるものらしい。醤油アイスクリームが名物で、ほんのり醤油の香りがして女性達がおいしそうに食べていた。この日の全走行距離は、約25 Km。
c0061853_21114941.jpg

c0061853_20352725.jpg

                         <醤の里 全景>
3日目(5月10日):曇り
 いよいよ最終日である。まず、ホテルをチェックアウトした後、近くの安田という所のバス停に向かい、そこからバスで天狗岩丁場というところまで行った。当初、自転車で走ることを考えたが、山坂がきつく、解散時間の制約もあったので、バス往復での見学となった。小豆島は言わば石の産地で、上質な花崗岩が取れる。山道を少し登ってゆくと、天狗岩という巨岩が現れた。あちこちに巨石が散乱している。ここ天狗岩丁場は島内最大の採石場で、大坂城石垣はここのものが使われたという。筆者は、富山の岩瀬浜にある旧廻船問屋で、土間一面を一枚で覆う小豆島産の巨石を見たことがある。江戸時代には、北前船で日本海側にも運ばれ、使用されたのだろう。
c0061853_20373539.jpg

c0061853_20375688.jpg

 この後、オリーブ園、オリーブ公園などで大休止。小豆島は何と言ってもオリーブ生産の発祥地であり、また最大の生産地である。たくさんのオリーブの木が見られたが、収穫期は夏~秋になるらしい。オリーブがらみのおみやがげたくさんあった。
一路帰路につき、石井サイクルで自転車を返却した。石井さんも奥様も皆の無事を喜び、迎えてくださった。石井さんのところで取れた蜂蜜ビンをお土産にいただく。再び、中村さんがマイクロバスで土庄港まで連れてくださった。最後は、二十四瞳のブロンズ像「平和の群像」の前で中村さんにも入っていただき記念撮影して、石井さんからいただいた蜂蜜を皆で舐めて、解散とした。この日の走行距離は、 約18 Km。
c0061853_20394553.jpg
    (H.K.記)

by masayosi-oouchi | 2017-05-25 15:31 | 古稀越えの日々 | Comments(0)

遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ 遊ぶ子供の声聞けば わが身さえこそ揺るがるれ(梁塵秘抄) since2004 


by masayosi-oouchi