あちこちの新緑ー山の手ウオーキング(その3)

山の手ウオーキング20kコースでは靖国通りから外堀通りを歩いて飯田橋駅近くにこのコースのチェックポイントがある。
ここで係り員から通過証明となる捺印をもらう。
高速道路下の歩道橋にも係員がいて進む方向をガイドしてくれる。
ここまでも要所要所に係員がいて進む方向をガイドしてくれたり、紙のガイドには地図が表示されているので迷うことはない。

b0057924_17584583.jpg
105.png外堀道路を歩くころは自分の歩くペースもだんだん遅くなって、今までは追い抜いたり追い越されたりしていた参加者も目にすることが少なくなっていた。
参加者は受付のとき渡されたタオルを首などに播いてたり大体の年恰好でそれとなくわかる。
右足の指の付け根がちょっと痛く感じたり、左股関節あたりが痛んだりもした。
昼食もとらず歩いたのでどこかで食事をして休憩したかったが、祝日のためかしまっている店も多くてやっと市ヶ谷のマックの店でハンバーグをぱくつくことができた。
水道橋ではスタバの店でコーヒーを飲み休んだ。
もうここまで来たらゴールの上野までは3kあまりであるからゆっくりしていくことにした。
b0057924_22034634.jpg
神楽坂では孫のまっくんの大学も
b0057924_22035807.jpg
b0057924_22035300.jpg
みどりの日の祝日なので東京医科歯科大学前では日の丸の旗も
101.png外堀通りをお茶の水、秋葉原へ
万世橋を右に見て秋葉原の電気街中央通りへ出ると、そこは歩行者天国になっていてインバウンドの観光客や休日を楽しむ若者が思い思いに街を歩いて大変な賑わいだった。
b0057924_22111282.jpg
b0057924_22111845.jpg
b0057924_22112441.jpg
b0057924_22112896.jpg

by masayosi-oouchi | 2018-05-03 22:11 | 後期高齢者 | Comments(0)

遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ 遊ぶ子供の声聞けば わが身さえこそ揺るがるれ(梁塵秘抄) since2004 


by まさ