秋の奈良でサイクリング

新現役ネットのサイクリングクラブの仲間15人で、10年ぶり2度目の奈良でのサイクリングを10月の22日から24日の三日間愉しんだ。
その時の様子を、自分が担当して仲間のHPのブログに登載した。
その内容を転載しておく。
101.png110.pngまぼろしー!
この頃修学旅行で集合写真を撮る時は、ハイチーズではなく「ま ぼ ろ しーー」と言い、「しー」でシャッターを押すそうです。(奈良のガイドさんより)
以下、コースで撮った集合写真ですが、まず初日平城宮跡の朱雀門前で
c0061853_15484046.jpg
同平城宮跡の遣唐使船に乗って
c0061853_15473652.jpg
初日薬師寺 西塔を望む
c0061853_15483531.jpg
二日目飛鳥路コースの高松塚古墳   二日目は朝から雨のため決断よろしく歩きでの観光となりました。
c0061853_15484582.jpg
同、石舞台古墳前で
c0061853_15482890.jpg
同、飛鳥寺前
c0061853_15482155.jpg
同二日目のガイドさんを囲んで。ガイドさんは実に詳しく説明してくれて、ガイドを始めてまだ2年だそうですが記憶力抜群の方でした。
c0061853_15480691.jpg
三日目桜井長谷寺コースの長谷寺舞台にて。背景の山には雲がたなびき、眼下には紅葉も光に映えてうっとりしました。
c0061853_15480010.jpg
同、長谷寺の登廊(重文で399段)は全員完歩しました。
c0061853_15481137.jpg
同、長谷寺境内巡回後遥か山上に長谷寺を望んで
c0061853_15481618.jpg
167.png181.pngSGNCCテレビ奈良版朝ドラ「まんぷく」
食欲の秋と申しますが、今回はかつてないほどの「食の企画」もすばらしく、老若男女?のお腹を満たしてくれました。
2泊した桜井のペンション宿「サンチェリー」のおかみさんを囲んで笑顔の皆さん
おかみさんは酵素料理に詳しく、地元では普及会を主宰し、自家製発酵の酵素パンがつくフルコースをふるまってくれました。
朝食風景
c0061853_16484608.jpg
夕食のフルコース料理はおかみさんがスイスで習得し、天然酵素が入っていてとっても体に良いんだとか
c0061853_16481023.jpg

c0061853_16483187.jpg

c0061853_16483730.jpg
SGNCCの宿泊サイクリングでコース料理を食べたのは初めてではないでしょうか?
そしてデザートとコーヒーの食後にはまんぷくのお腹を抱えて、頭の体操「なら検定クイズ」(参加できなかった方も後程挑戦してみてください)
c0061853_16572257.jpg
c0061853_16591885.jpg
更に二次会、三次会と話は尽きません。
c0061853_16491327.jpg
初日の夕食は宿近くの居酒屋で参加者全員が愉しみの所信表明。特に今月初入会で初参加の田中さんの頼もしいお披露目がありました。
c0061853_16500270.jpg
c0061853_16492522.jpg
c0061853_16491976.jpg
三日目長谷寺コースの昼食は松茸炊き込みと三輪そうめん汁と秋味満杯
c0061853_16493409.jpg
133.pngちこちゃんに叱られる!
初日のサイクリングを終えて夕方、JR奈良駅から宿のある桜井駅まで、夕やみ迫る窓外の風景にも目をやりながらも明日以降の旅の楽しみに参加者みんなワクワク、ワイワイと二両編成のJR車両に揺られて向かいました。
到着駅を告げる車内放送は、次は「京終」(きょうばて)駅、つぎは「帯解」(おびとけ)駅・・・つぎは「櫟本」(いちのもと)駅などと・・・まだプラットホームの表示板が見えるころは、なんと読めない駅名だとかさすがに雅やかな地名だなどと言ってたりしました。
ところが、誰かが(複数人の方が)今日の目的駅桜井駅に近い駅で車内放送の到着駅名を桜井と聴き間違いして、「着いたからみんな降りよう」となって、慌てて皆揃って降りた。
  さて、JR線は本数少なく3,40分後の次の列車を待つこととなった。
古いJR線は車内に駅名表示ディスプレーなどなく、車内放送も聞き取りにくく、車外はその頃は夕やみ深くなってましたので、あの博識ちこちゃんでも間違うかな?
ところで、二人だけ慌てて降りなかった方がいました。その一人は慌てたけど降りる前にドアーが閉まってしまって降りられなかった方と2両編成の車両に一人だけ別の車両に乗って方でした。

by masayosi-oouchi | 2018-11-04 21:25 | サイクリング | Comments(0)

遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけむ 遊ぶ子供の声聞けば わが身さえこそ揺るがるれ(梁塵秘抄) since2004 


by まさ